管理人はこれまでどうやって優待期待投資を進めて行ったのか?

管理人は、当然ながら少なくとも本人にとっては現在が最良の投資を行っているとそう考えて行動している為、現在に至る経緯を紹介してもご参考程度にしかならないかも知れませんが、以下の通り案内致します。

優待投資開始前

実は、管理人は、株式投資を始めてから10年間程、優待期待投資を行っておりませんでした。

たまたま投資した銘柄が株主優待制度を設けていた為に優待品を受け取った事は有りましたが、「こんな物を送って頂けるよりは、配当金を増やして頂きたいなぁ。」と考えておりました。

優待期待投資開始

そのような考え方が変わったのは、単なる自分の思い付きでございました。

「喜んで優待を受け取っている株主」は、私のように「当該銘柄の優待制度に不満を持っている株主」と比べて、当該銘柄を「割安」だと見做せているのでは? との考えに、株式投資を始めて10年程してようやく気が付いたのでございます。

そこで、自分が「その企業からその優待品を頂ける事に十分に納得が行く」と思った銘柄に少しづつ投資を始めました。

尚、この「その企業からその優待品を頂ける事に十分に納得が行く」かどうかは、現在も続く私の優待期待投資の判断における最も重要なポリシーでございます。

ただ、開始当初は、自分が聞いた事の無い銘柄を取得する事は控えておりました。

優待期待投資対象企業種別の拡大

そのような考え方が変わったのは、「Yahoo! ファイナンス 株主優待」サイトを何度も来訪した事に因るものでした。

当然の事では有りますが、世の中には様々な企業が在り、株主優待制度を設けて自社の事業の理解・普及を図っています 。

その内容をより広く深く知るに連れ、この制度を上手に利用しているより多くの企業に投資する考えに至り、自分がこれまで聞いた事の無かった銘柄も取得する事と致しました。

ただ、この当時は、自宅に優待品その物が届くタイプの銘柄(自称「インドア優待」)のみ取得しておりました。

期待対象優待品種別の拡大~現在

そのような考え方が変わったのは、「Yahoo! ファイナンス 株主優待」サイトを更に何度も来訪した事に因るものでした。

自宅には優待品を受け取る権利(優待券)のみが届き、外出時にその権利を行使するタイプの優待品(自称「アウトドア優待」)の優待利回りの高さにあらためて気付いたのです。

「これだけ優待利回りが高ければ、たまに使用期限内に使い切れない事が有ったとしても、それでも長期的にはそれなりに高い平均利回りを得られるのではないか」との考えに至り、これまで投資を控えていた「アウトドア優待」銘柄も取得する事と致しました。

以上のような経緯で、現在に至ります。

「優待全般」に関する他の記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。