日本では株主優待は更に充実する方向性のようです

株式新聞にて「優待実施に企業前向き」と言った記事が掲載されています。

上場企業が遵守すべきコーポレート ガバナンスの改定に基き、企業同士の株式持ち合いの解消を進めるにあたり、持ち合い対象企業に代わる安定株主として個人投資家が期待されている事が背景に有る様です。

尚、優待制度の内容としても、長期保有株主への優遇を取り入れる企業が増加しているようです。

と言う事で、買付して優待権利を取得した後直ぐに売却するスタイルが通用せず、長く持ち続ける事が総合利回りを上げる事に繋がる企業が少しずつ増える事になりそうです。

「優待全般」に関する他の記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。